通常のオリンピックバーは多くのアスリートに重宝され、昨今のウェイトトレーニングにおいては欠かせない存在となっています。

しかし最近はヘックスバーやマルチグリップバーなど特徴的な形をしたバーベルが各メーカーから作られ、その価値を認めるストレングスコーチが増えてきました。

今回はその中でもTグリップバーというバーベルについてご紹介します。
Tグリップバーはその名の通りグリップがT字型になっているバーベルのことです。 Tグリップバーを使うメリット、トレーニング方法、バーベルの種類について詳しく知ることで、今後のトレーニングに新しい視点を加えられたらと思います。

Tグリップバーを使うメリットについて

肩への負担を軽減できる

Tグリップバーでは、通常のオリンピックバーとは異なりニュートラルグリップ(両方の手の平を向かい合わせる握り方)ができるので、ベンチプレスやショルダープレスを行う際に肩にかかる負担を軽減することができます。そのため肩に障害を持つアスリートや、オリンピックバーでのプレス動作が苦手な方にとっては非常に有効なツールです。

バーベルの種類によってはダブルハンドルだったり、アングルがついていたりするので、自身の体の構造に合わせてトレーニングをすることができます。

上腕部のトレーニングに変化をつけることができる

ニュートラルグリップができることのメリットは他にもあります。例えば、ハンマーカールのようなエクササイズもTグリップバーがあると便利です。ハンマーカールは通常ダンベルを使って行われるため、ジムによっては高重量のダンベルを置いていないことがあります。しかしTグリップバーがあればプレートで重さを調節できるため、より高重量を扱うことができます。

ハンマーカールでは上腕二頭筋だけでなく、その下にある上腕筋、それから腕橈骨筋も使うので、通常のストレートバーで行う時とはまた違った刺激を入れられます。ニュートラルに持つことで手首への負担も軽減できます。

またスカルクラッシャーのような上腕三頭筋のトレーニングにも有効です。スカルクラッシャーをストレートバーで行うと肘への痛みを感じることがありますが、Tグリップバーを使えば肘への負担も軽減することができます。

通常のオリンピックバーより軽く、初心者でも使用できる

Tグリップバーにも様々な種類がありますが、基本的には通常のオリンピックバーより軽いため、初心者の方にも使いやすくなっています。 例えばアメリカンバーベルのTグリップクラブストレングスライトバーは重さが3.2KG、Tグリップショートバーベルは重さが4.5KGです。

逆にオリンピックバーと同様、もっと重量がほしい方のためのバーベルもありますが、こちらに関しては後ほどご紹介します。

トレーニングの種類に幅が出る

Tグリップバーのもう一つの大きなメリットは、様々なトレーニングに活用できることです。これまでに挙げたベンチプレスやハンマーカール、スカルクラッシャーに加えて、フロントレイズやアップライトロウ、ベントオーバーロウといったトレーニングでも有効です。

文章だけではイメージが湧かないと思うので、次は実際にTグリップバーを使ったトレーニング動画をご紹介します。


Tグリップバーを使ったトレーニング

1.ハンマーカール

2.ストロングマンカール

3.トライセプスエクステンション

4.フロントレイズ

5.アップライトロウ

6.プッシュプレス

7.ベンチプレス

8.ベントオーバーロウ

9.フロントスクワット

このようにTグリップバーを使って様々なトレーニングを行うことができます。

Tグリップバーの種類について

Tグリップバーを使ったトレーニング方法について見て頂いたところで、最後に現在市場に出ているTグリップバーの種類についてご紹介します。

Tグリップダブルストレートハンドルバー(ソリッドエンド)

Tグリップダブルストレートハンドルバー(ソリッドエンド)

Tグリップダブルストレートハンドルバー(ソリッドエンド)は、その名の通り持ち手が2つあるため、トレーニングに応じて握りの幅を調整することができます。全長は213センチ、重さは約14キログラム。グリップ部分にはローレット加工が施されています。

Tグリップダブルアングルハンドルバー(ソリッドエンド)

Tグリップダブルアングルハンドルバー(ソリッドエンド)

Tグリップダブルアングルハンドルバー(ソリッドエンド)は、同じく持ち手が2つあり、かつ斜めになっています。その他の仕様は上のダブルハンドルバーと同じになります。

Tグリップショートバーベル

Tグリップショートバーベル

Tグリップショートバーベルは、全長が122センチと通常のTグリップバー(213センチ)よりも90センチほど短くなっています。そのため、ホームジムなど比較的狭いスペースでも使用することができます。重さも4.5キロと軽くなっており、初心者の方にも使いやすい製品になっています。

このように同じTグリップバーでも、長さや重さ、ハンドル、スリーブといった部分でそれぞれ特徴がありますので、ご自身の目的に合わせて最適な1本をお選びいただければと思います。

また、オリンピックバーと比べると比較的安く購入できますので、フィットネスクラブやスポーツジムだけでなく、ホームジムや各学校のトレーニング施設でもお気軽にご利用いただけます。   

以上、Tグリップバーの種類とトレーニング方法についての解説でした。

この記事を書いた人

田村 智之

アメリカンバーベルジャパンの中の人。

他の記事を読む